雑記

僕がビジネスで役立てているポッドキャストというアプリ【番組3選】

2020年11月23日

ポッドキャストとはインターネットを通して視聴することができる音声コンテンツで、ダウンロードすればオフラインでも視聴可能です。

1回の配信が20分程度のものが多く、ブログやyoutubeの音声版といった感じです。

 

今までいろんなジャンルを聞きましたが、僕は個人事業主ということもありビジネス関連に興味がいってしまいます。

そんな僕が2年間聞き続け、ビジネスで役立てているポッドキャストの番組を3つご紹介します。

オフラインでビジネスをされている方におススメです。

 

僕がビジネスで役立てているポッドキャストというアプリ【番組3選】

これから紹介する番組は実はナビゲーターはどれも円道一樹さんという方です。

円道一樹さんは進行の仕方や質問の仕方が上手で、堅苦しくなく気軽な雰囲気づくりをしています。

 

青木毅の『質問型営業』

営業のプロである青木毅さんが「質問型」という切り口で営業のノウハウや事例を解説していらっしゃいます。

青木毅さん自身はコンサルタントも行っています。

営業には「説明型」と「質問型」があり、「質問型営業」こそがお客様満足が向上し且つ営業する本人も充実感があると解説していらっしゃいます。

また、「質問型営業」を取り入れたことで営業成績がうなぎ上りという会社さんや営業マンが続出しており、事例として会社社長や営業マンがゲスト出演もしています。

青木毅さんご本人は周りを引き付けるパワーを持っていらっしゃってお話も面白く、ポッドキャストを聞いていると毎回クスっとしてしまいます。

 

僕は「質問型営業」のポッドキャストを聞いて自分なりに重要なところを文字に起こして方法をまとめました。

質問型営業を独学した形になりますが実際に成績は上がりました。

営業成績で伸び悩んでいる方にはおススメ以上の是非聞いて頂きたい番組です。

 

向井蘭の『社長は労働法をこう使え』

弁護士の向井蘭さんが、労働について会社側の立場から法律の視点で解説していらっしゃいます。

世間的には雇用される側を専門で取り扱う弁護士さんは多いようですが、会社側を専門とする弁護士さんは少ないようです。

残業手当や退職など労働全般に関する問題を会社側目線でどのような対応をしていけば良いか、裁判の判決事例の解説もされています。

 

僕は現在、個人事業主として活動していて雇用はしていませんが、独立する前はサラリーマンだったので「社長は労働法をこう使え」を聞いているうちに興味が沸きました。

世の中の流れとしての情報もつかめるので聞き続けています。

雇用されている経営者さんにおススメです。

 

大久保圭太の『財務アタマを鍛えるラジオ~マネトレ~』

税理士の大久保圭太さんが、財務やお金に関する情報を届けている番組です。

内容の半分以上は与太話?だとかそうじゃないとか?

大久保圭太さん自身の毒舌気味で切れ味鋭いトークが僕は好きですね。

肝心の本業の話題はどなたでも分かりやすく解説してくださっています。

 

僕は『財務アタマを鍛えるラジオ~マネトレ~』を聞いていた事で借入に対する抵抗が下がり、「負のイメージ」から「事業をするうえで必要なこと」という考えになりました。

ポッドキャストでは常にキャッシュがあることの大切さを教えて下さいます。

経営者はもちろん経理担当の方にもおススメです。

 

 

以上で終わり。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

外構工事をするときは図面が必要になってきますが、外構図面は水平と水勾配の両方を表現していることが大きな特徴です。 その為、初めて外構図面を見るあなたにとって頭の中が忙しくなっていると思います。 この記 ...

2

知りたい人 エクステリアの勉強をしたいんだけどどんな本があるの? この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 ...

3

知りたい人 相談できる業者がいない 自分で業者探しをするのは大変 本当に自分で選ぶ業者でいいのだろうか このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のよう ...

-雑記