外構

「外溝」ではありません「外構」です【よくある漢字の間違い】

知りたい人 

「外溝」?「外構」?

建物の周りの塀・門扉・コンクリートなどは、「外構」という漢字を使うのが正解です。

こんにちは、テツです。
独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

tetsu 

外構という漢字に変換されにくい

スマホやパソコンで「がいこう」と入力しても、「外溝」が「外構」より先に変換されることが多いような気がします。そのようなことから「外溝」という漢字が正しいと誤解されるのかもしれません。

日本エクステリア建設業協会が監修する、エクステリアプランナーハンドブックには「外構」という漢字が用いられています。

エクステリアプランナー資格の公式テキストブックでもあります。

「エクステリア」という言葉が出てきましたが、「外構」とは密接な関係があります。

「エクステリア」とは、「外構」とは

知りたい人 

エクステリアと外構の使い分けは必要?

このような疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

違いは以下の通りで、「エクステリア」の方が広い意味で使われます。

  • 【エクステリア】:庭、外構を含めた屋外部分の総称。外部空間全体。
  • 【外構】:門柱、門扉、フェンス、塀などの構造物。植物を含む。
あわせて読みたい
あわせて読みたい

まとめ

「外溝」と書かれても、お客様に指摘するほどでもないのですが、ちょっと気になるので取り上げてみました。

先日、こんなツイートもしました。

それでは。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のような声があります。 ハウスメーカー提携じゃない外交業者を自力で探した人ってどうやって探したの?|ω・`)や ...

2

「外構のフェンスで安くておしゃれなものが欲しい」と誰もが無意識に思いますよね。 フェンスには数百種類ありますし、その中から選ぶのは大変です。 この記事では「安くておしゃれ」を重点に紹介していきます。 ...

3

この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 エクステリアのことを勉強するならこの本!【5冊+α】1.1 エク ...

-外構