外構

外構に使うメッシュフェンスの特徴3つと設置するメリット・デメリット

外構のフェンス選び候補にメッシュフェンスを検討している方に向けて、メッシュフェンスの特徴やメリットとデメリットを解説していきます。

こんにちは、テツです。
独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

tetsu 

メッシュフェンス以外のフェンスも見たい方は以下の記事を参考にどうぞ。

≫参考:外構のフェンスでもう迷わない【選ぶポイントから注意点まで徹底解説】

あわせて読みたい

メッシュフェンスの特徴3つ

メッシュフェンスは、網状に構成されているフェンスのことで一般住宅の外構だけでなく公園やドッグランなどにも広く使われています。以下ではメッシュフェンスの特徴を3つ紹介していきます。

特徴①:メッシュフェンスの素材はスチール

メッシュフェンスの素材はスチールです。

アルミの場合は雨に濡れても錆びにくいですが、スチールは錆びてしまいます。ただしメッシュフェンスの表面は樹脂コーティングされているので、通常の使用では錆びる心配はほぼ無いとされています。

特徴②:メッシュフェンスの長さ・高さ

メッシュフェンスの長さはほとんどが1枚あたり2mです。

高さは600、800、1000など20cmずつ展開されていて、高いものでは2000まで用意されている商品もあります。

特徴③:メッシュフェンスの価格はとにかく安い

メッシュフェンスの価格はアルミフェンスの価格に比べて安いです。用途によっては最優先で候補に挙げて良いフェンスとなるでしょう。

参考までにエクスショップというサイトでは、施工費も含めて金額のシミュレーションができるので目安にしてみてください。

\(無料)シミュレーションから現地調査まで/

エクステリアを全国へ販売・施工!エクスショップ

エクスショップの使い方は以下の記事を参考にどうぞ。

≫参考:外構の見積もりシミュレーション【アルミ工事ならエクスショップへ】

メッシュフェンスの種類

メッシュフェンス形状例

メッシュフェンスの種類は多くありません。各アルミメーカーから発売されていますが、ぱっと見の違いはほとんど感じられないでしょう。そんな中でもよく見ると上下端の形状が違い、半円・丸型・三角などがあります。

以下が主要メーカーのカタログです。

※スチールフェンスとして掲載されている場合もあり。

メッシュフェンスの中でもおしゃれな商品

ハイブリッドT・T

スタイリッシュなメッシュフェンスの紹介です。

三協アルミのハイブリッドT・Tはスチールメッシュフェンスの安っぽさをカバーした商品。

上下にアルミフレームがあり、スタイリッシュな雰囲気を実現しています。アルミフレームは木調カラーもそろっていて、状況にあわせたデザインが可能。費用はメッシュフェンスとアルミフェンスの中間にあります。

メッシュフェンス設置のメリット・デメリット

メッシュフェンスのメリットは以下の通りです。

メリット

  • スチールはアルミより強度が高い
  • 費用が安い
  • 取り扱いが簡単
  • 通気性がよい

メッシュフェンスは費用が安いため、とりあえずの仕切り程度で大丈夫という方におすすめです。また、強度が高く開放感もあることから「子供の遊び場・公園・ドッグランなど」での設置に向いています。

メッシュフェンスのデメリットは以下の通りです。

デメリット

  • アルミフェンスよりデザイン性が劣る
  • カラーバリエーションが少ない
  • 安っぽさは否めない
  • 外からの視線を遮ることはできない

見た目にこだわるところでの使用や、目隠し目的のところでの使用には向いていません。

メッシュフェンスとネットフェンスの違いは?

違いを大まかに分けると以下の通りです。

  • メッシュフェンス:長方形状に溶接された金網
  • ネットフェンス:ひし形にあみ込まれた金網

メッシュフェンスの費用はネットフェンスよりも安いです。

溶接して1枚のパネルになっているので、取り付けが簡単で施工費も抑えることができます。

ネットフェンスはフレームと金網部分が現場組立てのため、メッシュフェンスに比べて施工が難しく、費用がメッシュフェンスに比べて高くなります。DIYではなく業者に依頼することをおすすめします。

ネットフェンスの中でもPCフェンス(朝日スチール株式会社)は一般住宅でも人気が高いです。無骨でかっこよく、カリフォルニア風のような雰囲気の外構にしたいときにおすすめです。

≫参考:カリフォルニア風の外構にする方法【現地を視察?して分かったこと】

まとめ:使い方が合っていればメッシュフェンスは妥協ではない

メッシュフェンスは費用が安いことから妥協案となりがちですが、以下のような使い方であればベストな選択肢といえます。

  • ドッグラン
  • 公園
  • 費用を抑えた仕切り
  • 風通しや日当たりが損なわない仕切り

など

細かなサイズや範囲は、現場の状況と要望を把握しつつ適切なアドバイスを業者からもらいましょう。

外構の業者探しに困っている方へ

外構の一括見積もりサイトに頼むという方法があります。

年々一括見積もりサイトが増えていますが、タウンライフリフォーム(外構特集)が信頼できてオススメ。登録されている業者は厳格な国家基準をクリアした信頼ある優良企業のみが掲載されています。

\(無料)優良企業に相談する/

タウンライフリフォーム(外構特集)

もし、タウンライフリフォームでお住まいの地域に業者が見つからなかった場合は、他にもおすすめの一括見積もりサイトがあるので詳しくは外構の一括見積もりできる4サイトを比較をチェックです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のような声があります。 ハウスメーカー提携じゃない外交業者を自力で探した人ってどうやって探したの?|ω・`)や ...

2

水勾配とは水を流すための傾斜のことです。 外構を計画するときは必ずセットで考えなければいけません。適切な水勾配がなければ、水はけが悪く水たまりもできるからです。 この記事を読めば水勾配に関して以下のこ ...

3

シンボルツリーが欲しくなるきっかけは人それぞれです。 新築や出産などの記念樹にしたり、庭の印象を良くしたいといったことが代表的ですね。 そんな時、庭木を選ぶ上で注意したいことのひとつに耐寒性があります ...

-外構