エクステリア

カリフォルニア風の外構にする方法【現地を視察?して分かったこと】

2022年7月17日

外構で人気があるデザインテイストのひとつにカリフォルニア風があります。

カリフォルニアの以下のようなイメージを彷彿させるてくれますよ。

  • ビーチ文化
  • アメリカ西海岸
  • 暖かい 

この記事では、「カリフォルニア風の外構の特徴」と「自分の家の外構をカリフォルニア風にするポイント」を紹介していくのでチェックしてみてください。

こんにちは、テツです。
独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

tetsu 

カリフォルニア風の外構を学ぶために現地を視察?

現地といってもストリートビューでの視察なので皆さんも手軽に見ることができます。今回の視察した場所はカリフォルニア州で最も人口が多いロサンゼルスサンディエゴ

≫参考:カリフォルニア州 - Wikipedia

ロサンゼルスがこちら

サンディエゴがこちら

外構業者の僕からみた、カリフォルニアスタイルの外構の傾向をまとめたので以下にご紹介していきます。

傾向①:庭や花壇はドライガーデン

ドライガーデンとは乾燥地帯の植物を使った植栽のことです。

ドライガーデンの中でも、ストリートビューを見る限り何といっても特徴的なのはヤシの木の存在ですね。

日本で植えるのであればココスヤシが耐寒性があっておすすめ。

ドライガーデンに関する記事はドライガーデンでおしゃれに差をつけろ!おすすめ植物10選をご覧ください。

あわせて読みたい

傾向②:境界フェンスに一定の特徴

境界フェンスの特徴は概ね以下の3種類が挙げられます。

カリフォルニアでの境界フェンス

  • ホワイトの縦格子フェンス
  • 金属のネットフェンス
  • 天然木フェンス

ホワイトの縦格子フェンス

ホワイトの縦格子フェンスは各アルミメーカーから発売されています。

金属のネットフェンス

金属のネットフェンスは日本ではPCフェンス(朝日スチール工業株式会社)をおすすめします。

天然木フェンス

天然木フェンスは耐久性を考慮してハードウッドを使うとメンテも楽ですよ。

ウッドデッキにも使うことができるハードウッドですが、詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい

傾向③:アプローチや駐車場はシンプル

複数の素材を組み合わせたりせずにシンプルな仕上げです。例えばコンクリートだけで仕上げて目地を適切に入れるという程度が多いですね。

あとは芝生などの植物と組み合わせて全体のバランスをとっています。

芝生の手入れが心配な方は芝生に憧れるけど手入れに不安?【おすすめは省管理型の天然芝】も参考にどうぞ。

あわせて読みたい

自分の家をカリフォルニア風の外構にする

現地の傾向が分かったら、自分の家の外構に取り入れていきましょう。

外構業者に設計から工事までを依頼する場合」と、「DIYで仕上げる場合」があります。

外構業者に依頼する場合のポイント

現地の傾向が分かっても具体的にデザインやアイデアに落とし込むためには、プロの知識を必要とする場合が多いです。

外構業者には、カリフォルニア風の外構にしたいことを伝えつつ、3つの傾向をしっかり取り入れてもらいましょう。

業者依頼に関してお役立ちの記事を以下に3本ご用意しました。

業者探しから契約に至るまで、外構工事の進め方の解説はこちら。

あわせて読みたい

外構の打ち合わせ回数や、契約までにかかる期間について解説はこちら。

あわせて読みたい

「ハウスメーカーで外構を頼むと高いから損」と思っているのなら今一度この記事をご覧ください。

あわせて読みたい

業者探しがメンドウな方へ:一括見積りという方法をご提案します

次のように悩んできませんか?

  • どの業者に依頼すれば良いのか分からない
  • 複数業者から相見積もりを取りたいけど探す時間がない

このような方へ、以下の方法をご提案します。

外構の一括見積もりサイトで解決

年々一括見積もりサイトが増えていますが、タウンライフリフォーム(外構特集)が信頼できてオススメです。登録されている業者は厳格な国家基準をクリアした信頼ある優良企業のみが掲載されています。

\(無料)優良企業に相談する/

外構のプランと見積もりをもらう

簡単3ステップ!最短3分!無料オンラインで一括見積できます。

依頼方法

  • step1:希望地域・希望箇所を選択
  • step2:依頼内容を記入・依頼希望会社を選択
  • step3:依頼完了

家族で話し合うだけでは思い浮かばなかった、専門家ならではのアイデアやアドバイスを提案してもらうことで、より満足のいくリフォームに近づけよう!

利用したい一括見積サイト第一位は「タウンライフリフォーム(外構特集)」です。

リフォーム部門で3冠達成

  • 1位:利用満足度
  • 1位:使いやすさ
  • 1位:サイト利用者安心度

\(無料)優良企業に相談する/

外構のプランと見積もりをもらう

もし、タウンラウフリフォームでお住まいの地域に業者が見つからなかった場合は、他にもおすすめの一括見積もりサイトがあるので詳しくは外構の一括見積もりできる4サイトを比較をチェックしてみてください。

DIYで仕上げる場合のポイント:道具が必須

DIYの挑戦は、まず第一に無理しないということです。

挫折したり限界を感じて、結局また業者に依頼するという方をたくさんみてきました。共働きの家庭も多く、「なかなか時間が取れない」「想像以上に重労働」という意見が多いです。

また、DIYをするには道具が必須です。便利な道具は以下の記事で紹介していますので参考にどうぞ。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

まとめ:カリフォルニア風の外構には3つの傾向

この記事では、ストリートビューでカリフォルニアを視察したことをもとに外構の傾向を3つ挙げました。

  • 傾向①:庭や花壇はドライガーデン
  • 傾向②:境界フェンスに一定の特徴
  • 傾向③:アプローチや駐車場はシンプル

以上の3つの傾向をもとに、自分の家の外構をカリフォルニア風にする方法もご紹介しました。

この記事が理想の外構づくりに役立つとうれしいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のような声があります。 ハウスメーカー提携じゃない外交業者を自力で探した人ってどうやって探したの?|ω・`)や ...

2

「外構のフェンスで安くておしゃれなものが欲しい」と誰もが無意識に思いますよね。 フェンスには数百種類ありますし、その中から選ぶのは大変です。 この記事では「安くておしゃれ」を重点に紹介していきます。 ...

3

この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 エクステリアのことを勉強するならこの本!【5冊+α】1.1 エク ...

-エクステリア