エクステリア

物置が工事付きで安い【エクスショップは優秀】

2021年5月30日

知りたい人 
物置を安く手に入れたい人

  • やっぱりホームセンターで買えばいいのかな?
  • 何かとネット販売が安いんじゃない?
  • 物置に注意点はあるの?

物置を人目につかないような場所に設置するのであれば、オシャレなものではなくサイズさえ満たしている物置をできるだけ安く手に入れたいと思っていることでしょう。

本記事は物置を購入するときは、第3者である僕の目から見てもエクスショップというサイトが優秀だということをひたすら解説していきます。

本記事の内容

  • エクスショップとは
  • 物置を設置するときの注意点

執筆者紹介

こんにちは、テツです。

独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

エクスショップとは【スゴイところも】

エクスショップとは数多くのエクステリア商品に対応していて、商品を工事付きでも販売している巨大サイトです。

\見積りシミュレーションもできる/

エクステリアを全国へ販売・施工!エクスショップ

エクスショップとは

業界最大手ならではの"業界極限価格"を実現!(割引率最大63%オフ)

中間業者を通さない独自の仕入れルートで、業界極限価格を実現しています。

  • 工事開始まですべて無料!
  • 10万件以上の施工実績とお客様の喜びの声
  • 選ばれ続けて19年。老舗だからこその安心保証サービス!商品2年+施工10年の保証
  • 全国510以上の「優良施工店」で全国対応!
  • 個人情報保護対策に力を入れ、Pマークを取得しています。
  • 圧倒的!取り扱い工事商品点数「約7,000点」もの品揃え

物置も例外なく対応しています。

冒頭にも触れましたが、エクスショップは第3者である僕の目から見ても優秀です。

  • 見積もりシミュレーションが分かりやすい
  • 施工も合わせて依頼できる
  • 価格が安い

それぞれ解説していきます。

見積もりシミュレーションが分かりやすい

エクスショップのサイト自体が非常に分かりやすく表示されています。

サイト内では見積もりシミュレーションも分かりやすくできるようになっています。

施工も合わせて依頼できる

ネット販売でありながら施工にも対応しています。

施工の希望エリアに提携店があるか確認が必要ですが、全国に対応しています。

価格が安い

言うまでもなく安く驚異的な価格です。

参考までに同じ品番の物置を僕が販売しようとするなら1割くらい高い見積もりになってしまいます。

事業をしている立場からすれば、どこで利益を得ているんだろう?どのようなビジネスモデルなんだろう?と思ってしまいます。

さすが巨大サイトですね。

物置を設置するときの注意点

物置を設置するときに注意しておきたい事は以下です。

  • 転倒防止の工事は必須
  • 隣地ギリギリに設置の場合は屋根の向きに注意
  • 設置場所に注意

僕の体験談も交えて解説していきます。

転倒防止の工事は必須

物置を設置する場所が土の上であってもコンクリートの上であっても、転倒防止の工事は必須です。

とりわけ物置は強風が天敵です。

転倒防止の工事とはアンカーというもので固定することです。

僕は過去に一度、ニュースになったほどの突風により転倒防止の工事をしていたにもかかわらず、お客様に提供した物置が転倒した体験があります。

もし転倒防止の工事をしていなかったら、、、さらなる被害を想像すると今でもゾッとします。

隣地ギリギリに設置の場合は物置の屋根の向きに注意

特に積雪地域では物置の屋根の向きにも注意したいです。

一般的な物置の屋根の向きは後ろ勾配になっています。

たかが物置程度の屋根に降り積もった雪が勢いよくなだれ落ちるとまではなりませんが、隣地に迷惑をかけることは避けたいですね。

とはいえ、他に物置を設置する場所がないといった場合でも安心してください。

イナバ物置のネクスタというシリーズであれば屋根勾配を前か横に変えることができるタイプがあります。

>>参考:イナバ物置カタログ

建物の屋根にソーラーパネルがある場合に注意

業者側も盲点となりうる点ですが、建物の屋根にソーラーパネルがあるか確認が必要です。

ソーラーパネルに降り積もった雪は凄まじい勢いで落下してきます。

落下してきた雪が物置に直撃すれば壁が損傷するなどの被害が起きます。

恥ずかしながら僕は過去に一度失敗していますが、詳しくは物置の設置場所で失敗【盲点:積雪地域ではソーラーパネルに注意】で解説しています。

物置を購入までの流れ

エクスショップで物置を購入するまでの流れは以下です。

1:トップページから物置カテゴリを選択

2:希望商品を決定し、見積りシミュレーションする

3:ご購入のご検討

4:正式ご発注

5:発注内容の最終確認と施工日の日程調整

6:施工スタッフにより責任をもった施工が行われます。

7:請求~お支払い

\見積りシミュレーションもできる/

エクステリアを全国へ販売・施工!エクスショップ

まとめ

本記事をまとめると以下です。

メモ

エクスショップとは

  • 見積もりシミュレーションが分かりやすい
  • 施工も合わせて依頼できる
  • 価格が安い

物置を設置するときの注意点

  • 転倒防止の工事は必須
  • 隣地ギリギリに設置の場合は屋根の向きに注意
  • 設置場所に注意

物置を購入までの流れを紹介

物置をお得な方法で手に入れよう。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

外構工事をするときは図面が必要になってきますが、外構図面は水平と水勾配の両方を表現していることが大きな特徴です。 その為、初めて外構図面を見るあなたにとって頭の中が忙しくなっていると思います。 この記 ...

2

知りたい人 エクステリアの勉強をしたいんだけどどんな本があるの? この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 ...

3

知りたい人 相談できる業者がいない 自分で業者探しをするのは大変 本当に自分で選ぶ業者でいいのだろうか このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のよう ...

-エクステリア