ガーデン

物置の設置場所で失敗【盲点:積雪地域ではソーラーパネルに注意】

2021年3月21日

積雪地域では物置の設置場所を決めるときに「建物の屋根からの落雪」を必ず意識しなければいけません。

落雪の衝撃で物置の破損につながります。

タイトルにもありますが、建物の屋根にソーラーパネルがあるのであれば一層注意です。

外構のプロとして活動している僕ですが、恥ずかしながらうっかりとソーラーパネルを見落としていて、配置計画したお客様の物置が破損した経験があります。

この記事では体験談をもとにソーラーパネルと落雪の関係を調べたのでまとめてみました。

執筆者紹介

こんにちは、テツです。

独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

【体験談】落雪による物置の破損

物置を設置した場所は建物から約2m離れたところです。

通常は2mも離れていれば屋根から落雪があっても影響はありません。

・・・がしかし、大雪の数日後お客様から次のような一報がありました。

お客様:「屋根からの落雪で物置の壁が凹んでしまいました」

原因は建物の屋根にソーラーパネルがあったことに気づいていないことでした。

雪止めも付いていないため勢いよく落雪してきます。

修理費用は火災保険で対応することができる

落雪の被害も実は火災保険で対応することができます。

物置に限らず、フェンスやウッドデッキも落雪が原因で破損した場合も同様です。

屋根にソーラーパネルがあれば近くに何も置かないこと

繰り返しですが、積雪地域ではソーラーパネルのある屋根の近くには何も置かないことです。

国民生活センターからも落雪の注意喚起として発表されています。

屋根に雪止めを付けることで解決することができるという意見もありますが、ハウスメーカーによっては屋根に負担をかけないように、意図的に雪止めを付けない場合もあります。

どのくらい離れていれば安全か

ソーラーパネルからの落雪はどのくらい飛んでくるのか気になりますよね。

「これからソーラーパネルの取付けを考えている」「すでにソーラーパネルがついている家なんだけど外構計画を考えている」という方にとっては以下の公的機関からの発表は必見です。

公的機関からの発表

雪氷防災センターからの発表されている太陽電池パネル上の雪の滑走実験(PDFファイル)のなかで、2階のソーラーパネルの付いた屋根からどのくらいまで雪が飛んでいくかシミュレーションしたデータが発表されています。

結果、おおよそ4mまで雪が飛んでいきます。

まとめ

この記事をまとめると以下です。

メモ

物置の設置場所で失敗した体験談を紹介

原因は建物の屋根にソーラーパネルがあることを見落としていた。

落雪により破損した場合

火災保険で修理金額は対応可能

ソーラーパネルのある屋根の近くには何も置かないこと

おおよそ4m離れていれば安全だと思われる。

以上が落雪による対策です。

壊れた場合は火災保険で対応可能なのは助かりますが、今後の事を考えると根本的な解決とはいきません。

もし、金銭的に余裕があるのであれば以下の検討もいかがでしょうか。

  • 屋根に負担がかからない程度で雪止めを付けることをハウスメーカーと相談する
  • 物置の横になにか塀になるものを立てる
  • 物置そのものの配置を変更する

物置を安心してお得に購入したい方はこちらの記事が必見

>>参考:物置が工事付きで安い【エクスショップは優秀】

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

外構工事をするときは図面が必要になってきますが、外構図面は水平と水勾配の両方を表現していることが大きな特徴です。 その為、初めて外構図面を見るあなたにとって頭の中が忙しくなっていると思います。 この記 ...

2

知りたい人 エクステリアの勉強をしたいんだけどどんな本があるの? この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 ...

3

知りたい人 相談できる業者がいない 自分で業者探しをするのは大変 本当に自分で選ぶ業者でいいのだろうか このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のよう ...

-ガーデン