バリ風の庭を手に入れたい!バリを視察して庭の作り方を紐解く

2022年8月16日

知りたい人 
  • バリ島が好きだからバリ風の庭を作りたい
  • アジアンリゾートの雰囲気を出したい

このようにバリ風の庭が欲しい方に向けて庭の作り方を紐解いていきます。

こんにちは、テツです。
独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

tetsu 

バリ風の庭を知りたければ、バリのリゾートホテルを視察するのが一番!ということで、エクステリアプランナーの視点で視察していきます。

この記事では、バリのリゾートホテルを視察して気付いた事を「バリ風の庭の特徴」と「自分の家の外構をバリ風にする方法」にまとめたのでチェックしてみて下さい。

バリ風の庭とは本場リゾートホテルを彷彿させる

バリの庭を知るためにリゾートホテルを視察するといってもGoogleマップを利用します。

バリ島南部が特にリゾートタウンとして発展しているようですね。

Googleマップからホテルの一覧を見ることができるので、人気のリゾートホテルをピックアップしてリサーチです。

写真タグの中にある外観カテゴリにたくさん公開されていますよ。

バリ風の庭の特徴5つ

リゾートホテルを視察し、エクステリアプランナーの視点から気づいた特徴を以下の5つにまとめました。

特徴①:配色・配置

配色はアースカラーでまとめることが基本です。

塀や床はホワイト系とブラウン系をメインに配色していき、あとは植物のグリーンを混ぜていく感じです。

形は直線的なもので構成されています。曲線はあまり見かけないですね。

門柱や花壇の配置は「一定のリズム」や「左右対称」が多く見られます。

特徴②:素材・小物

床と塀の仕上げは「タイル張り」「石張り」「ウッドデッキ」でほぼ構成されています。

その周りを着飾る小物には「ストーンレリーフ」「石像」「植木鉢」を程よく配置しています。

石像や植木鉢は置くだけなので、DIYでお好みに応じて自由に配置することができますね。

特徴③:植物

南国特有の植物をたくさん見かけます。

バリの気候を調べたところサバナ気候ですが、熱帯モンスーン気候に近いようです。

同じ植物を日本の気候で育てようとすると、観葉植物として室内向きになる植物が多いですね。とは言え、ヤシ類やニューサイランの様に耐寒性のある植物もあります。

全ての植物ではなく、ところどころ南国の植物を混ぜていくだけでもバリ風の庭を演出することはできますよ。

おすすめの植物は南国の植物を庭に植えたい!屋外で育てることができるおすすめ12選を参考にどうぞ。

あわせて読みたい

特徴④:ライトアップ

リゾートを演出するにはライトアップが欠かせません。

癒しを与えてくれるだけでなく、非日常を演出することも可能です。

ライトアップのテクニックはモダンな庭に欠かせないライトアップの記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい

特徴⑤:ウォーターガーデン

ウォーターガーデンとは水を使った庭のことで、池、壁泉、噴水、滝、プール、水盤などがあります。

水を取り入れることで、見た目だけではなく流れる音による癒し効果も得られます。

水へのライトアップも絡めるとよりエレガントになりますよ。

水の扱いが困難な場合は、日本古来からある枯山水のように砂利を水に見立ててデザインしても良いです。

自分の家の庭をおしゃれなバリ風に作る

現地の傾向が分かったら、自分の家の外構に取り入れていきましょう。

「外構業者に設計から工事までを依頼する場合」と、「DIYで仕上げる場合」があります。

それぞれポイントを以下にご紹介します。 

外構業者に依頼する場合のポイント

業者依頼に関してお役立ちの記事を3本ご用意しました。

業者探しから契約に至るまで、外構工事の進め方の解説はこちら。

あわせて読みたい

外構の打ち合わせ回数や、契約までにかかる期間について解説はこちら。

あわせて読みたい

「ハウスメーカーで外構を頼むと高いから損」と思っているのなら今一度この記事をご覧ください。

あわせて読みたい

外構の業者探しに困っている方へ

外構の一括見積もりサイトに頼むという方法があります。

年々一括見積もりサイトが増えていますが、タウンライフリフォーム(外構特集)が信頼できてオススメ。登録されている業者は厳格な国家基準をクリアした信頼ある優良企業のみが掲載されています。

\(無料)優良企業に相談する/

タウンライフリフォーム(外構特集)

もし、タウンライフリフォームでお住まいの地域に業者が見つからなかった場合は、他にもおすすめの一括見積もりサイトがあるので詳しくは外構の一括見積もりできる4サイトを比較をチェックです。

DIYで仕上げるポイント

DIYの挑戦は、まず第一に無理しないということです。

挫折したり限界を感じて、結局また業者に依頼するという方をたくさんみてきました。共働きの家庭も多く、「なかなか時間が取れない」「想像以上に重労働」という意見が多いです。

また、DIYをするには道具が必須です。便利な道具は以下の記事で紹介していますので参考にどうぞ。

あわせて読みたい

まとめ:バリ風の庭を作るときに意識すること5つ

バリのリゾートホテルを視察した結果、以下の5つを意識することをご紹介しました。

  • 配色・配置
  • 素材・小物
  • 植物
  • ライトアップ
  • ウォーターガーデン

特に南国の植物は冬越しできるかどうかをチェックしてみてください。自分の地域は耐寒性がどうなのか調べるには耐寒性ゾーンマップが参考になりますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のような声があります。 ハウスメーカー提携じゃない外交業者を自力で探した人ってどうやって探したの?|ω・`)や ...

2

「外構のフェンスで安くておしゃれなものが欲しい」と誰もが無意識に思いますよね。 フェンスには数百種類ありますし、その中から選ぶのは大変です。 この記事では「安くておしゃれ」を重点に紹介していきます。 ...

3

この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 エクステリアのことを勉強するならこの本!【5冊+α】1.1 エク ...

-