エクステリア

新築の外構で失敗しないために【完全マップ】

2021年8月1日

知りたい人 

新築に合わせて外構工事もしたいけど注意することってなんだろう?

このような方に向けて解説していきます。

本記事の内容

  • 外構工事は誰に頼む?
  • 外構業者を選ぶときのコツ
  • 理想の外構を手に入れるための詰めの部分

執筆者紹介

執筆者紹介

こんにちは、テツです。
独立する前は、外構エクステリア専門店→職人→ハウスメーカーという、業界を構成する主な3つの立場を歩んできた珍しい人間です。

外構工事は車を購入するのと同等の価格帯です。

「こんなはずじゃなかった。」となるのは避けたいですよね。

なぜなら、やり直したくても簡単にできるものではないからです。

この記事では、外構工事をした後に失敗や後悔をする確率を限りなく下げる方法を解説していきます。

最後まで読み終えると、何に注意すれば良いか価格や品質だけではない重要なことも見えてきます。

外構工事はどこに頼む?

知りたい人 
  • ハウスメーカーにそのまま外構工事も頼めば良い?
  • 自分で外構業者を探す方が良い?

まずこのような疑問が出てくるはずです。

ハウスメーカーに頼む場合」と「自分で専門業者を探す場合」とでは何が違うのか解説していきます。

ハウスメーカーに頼む場合の特徴

ハウスメーカーに外構工事も頼む場合の特徴は以下です。

  • 打ち合わせの流れがスムーズ
  • 窓口がひとつなので責任が明確
  • アフターフォローの対応が充実

上記3つが大きいです。

理由をそれぞれ解説していきます。

打ち合わせの流れがスムーズ

建物と外構は密接な関係にあります。

片方の都合だけを取り入れるということは難しいです。

打ち合わせ中に建物に関する疑問が出てきても、ほとんどはその場で返答してもらえます。

窓口がひとつなので責任が明確

何かあったときは、とりあえずハウスメーカーに連絡をすれば後は対応を待つだけです。

営業・設計・現場監督・外構の各担当に分かれていても、社内で共有されるはずなのでスピード感もありますよね。

アフターフォローの対応が充実

新築後は定期点検があるはずです。

その時に外構も同時に点検してもらうことができます。

気になる部分があれば質問してみるのもいいですね。

知りたい人 

よくある質問

ハウスメーカーの外構は高いからやめた方が良い?

「高い=やめた方が良い」というのは違います。

前項に挙げたハウスメーカーならではのメリットが無形の価値としてあります。

そもそも本当に高いのか?という疑問がでてくる場合もありますが、各ハウスメーカーの下請け体制から関係してきます。

※詳しくは下記の記事で解説していますのでご覧ください。

>>参考:外構をハウスメーカーに頼まない理由?【高い!だけでは再考すべし】

外構の専門業者に頼む場合の特徴

外構の専門業者に頼む場合の特徴は以下です。

  • 外構に対する知識が豊富
  • 斬新なデザインを提案してもらえる
  • ハウスメーカーに頼むよりも金額を抑えやすい

上記3つが大きいです。

理由をそれぞれ解説していきます。

外構に対する知識が豊富

外構を専門に扱っているわけですから当然といえば当然ですね。

ハウスメーカーは家の専門であって、外構の専門ではありません。

斬新なデザインを提案してもらえる

外構のデザイナーやプランナーが常駐している場合がほとんどです。

毎年、各建材メーカーが主催しているコンクールへの入賞歴も参考になります。

ハウスメーカーに頼むよりも金額を抑えやすい

中間マージンがないので金額を抑えることができる傾向にあります。

知りたい人 

よくある質問:

どうやって外構業者を探せば良い?

外構業者の探し方は色々ありますが、多くは以下の通りでしょう。

  • ネット検索
  • 一括見積もりサイトの利用
  • 知人からの紹介

特にデザインにこだわりたい方はこちらの記事をご覧ください。

>>参考:【web検索できる】外構業者の探し方【デザインが得意な業者編】

一括見積サイトを利用する場合

自分で業者探しをする時間がない、どの業者が良いのか分からないというときに便利です。

いろんな一括見積サイトがありますが、オススメの一括見積サイトを4つご紹介します。

※詳しくは下記の記事で比較していますので参考にご覧ください。

>>参考:外構の一括見積もりできる4サイトを比較【業者選びの注意点も解説】

ここで気をつけたい

問合せしたい業者を見つけたとしても、信頼できるかどうかは別で、会社の体制や担当者との相性に大きく依存します。
詳しくは記事の後半「外構業者を選ぶときのコツ」で解説しています。

気になる予算をシミュレーションする方法

概算ですがシミュレーションすることができるオススメのサイトをご紹介します。

業者に見積もりしてもらう前に、自分でサクッと概算だけでも感覚をつかみたいときに便利です。

超初期段階」と「具体的な段階」に分けてご紹介します

知りたい人 

そんなことができるんだ!

超初期段階での見積もりシミュレーション

詳しくは下記の記事で解説していますのでご覧ください。

>>参考:外構の見積もりシミュレーション【エクステリアParkが便利】

具体的な段階での見積もりシミュレーション

カタログには商品価格だけで工事費は表示されていません。

工事費も合わせてシミュレーションしたい場合はエクスショップというサイトが便利です。

エクスショップの使い方は下記の記事で解説していますのでご覧ください。

>>参考:外構の見積もりシミュレーション【アルミ工事ならエクスショップへ】

自分で外構業者を選ぶときのコツ

以下3つのことが非常に大切です。

  • コツ①:安さだけにとらわれない
  • コツ②:納得するまで打合せしてもらえるか
  • コツ③:納得したら契約書を交わしてもらえるか

それぞれ解説していきます。

コツ①:安さだけにとらわれない

ぼったくりのような悪徳業者に注意はもちろん、「安かろう悪かろう」という業者にも注意です。

価格が安いということは魅力に感じますが、間違った方向への妥協にも陥りやすくなります。

残念ながら「価格」と「品質・対応」はある程度比例しています。

相見積もりをとったら業者の対応力にも目を向けましょう。

コツ②:納得するまで打合せしてもらえるか

図面だけで判断できないことは現場で実際に業者と確認作業をすることも必要です。

あなたと業者の意識が共有できていると思えるまで確認作業をする必要があります。

図面だけで判断できないこととは例えば以下です。

  • 【大きさ、高さ、位置】:メジャーを使って実寸を体験すること。
  • 【色、質感】:サンプルなどで実物を確認すること。

上記は実際に仕上がった時に「思っていたものと違った」となりやすいものです。

※打ち合わせ回数は案外かかり、詳しくは下記の記事で解説しています。

>>参考:外構の打ち合わせ回数は?【始める時期も分かる】

コツ③:納得したら契約書を交わしてもらえるか

工事内容と金額にも納得したら契約書を交わしましょう。

契約書には工期設定・支払い方法・完了検査方法などが記載されています。

予定と違うものに仕上がっても改善を求めることができますし、いつまで経っても工事が始まらない・終わらないといったこともありません。

理想の外構を手に入れるために【詰めの部分】

入念な打ち合わせができても、それで終わりではありません。

  • 工事に入るまでの注意点
  • 失敗・後悔した事例

それぞれ紹介していきます。

知りたい人 

こっこう盛りだくさんなんですね

工事に入るまでの注意点

以下、盲点となりやすい部分です。

  • 近隣への挨拶
  • 自家用車の駐車場所

近隣への挨拶は、ほとんどの業者は対応してくれますが、どの家に周るかも合わせて念のため確認しましょう。

さらに可能であれば、自分でも挨拶に言った方が丁寧です。

最も盲点となりやすいのは自家用車の駐車場所です。

駐車エリアの工事ではないからといって自家用車を置きっぱなしにすると都合が悪い場合もあります。

※詳しくは下記の記事で解説しています。

>>必読:【盲点】外構工事中は自家用車を駐車できない場合が多い!

失敗・後悔した事例

失敗や後悔した事例を記事に紹介していますので参考にご覧ください。

※衝撃的な内容ですが下記の記事は参考になります。

>>参考:外構の業者選びで後悔【本当にあった3つの事例】

※打ち合わせの方法を細かく解説した記事です。

>>参考:【読まないと後悔】外構エクステリア工事で後悔しない方法

まとめ

この記事をまとめると以下です。

メモ

外構工事はどこに頼む?

  • ハウスメーカーに頼む場合の特徴
  • 外構の専門業者に頼む場合の特徴

気になる予算をシミュレーションする方法

「超初期段階」と「具体的な段階」に分けて紹介

自分で外構業者を選ぶときのコツ

  • コツ①:安さだけにとらわれない
  • コツ②:納得するまで打合せしてもらえるか
  • コツ③:納得したら契約書を交わしてもらえるか

理想の外構を手に入れるために【詰めの部分】

  • 工事に入るまでの注意点
  • 失敗・後悔した事例

予想以上に外構の打合って大変だな、と思われたかもしれません。

一生涯にわたって残るものですから、失敗や後悔をすることなく理想の外構を手に入れましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

参考になったと少しでも思って頂けたらバナーをクリックして応援してね!
クリックするだけでOK、僕の励みになります。tetsu

 

スポンサーリンク

人気の記事

1

外構工事をするときは図面が必要になってきますが、外構図面は水平と水勾配の両方を表現していることが大きな特徴です。 その為、初めて外構図面を見るあなたにとって頭の中が忙しくなっていると思います。 この記 ...

2

知りたい人 エクステリアの勉強をしたいんだけどどんな本があるの? この記事では実際に僕が購入した本でもあり、普段の仕事においても参考書のように使っている本を紹介します。 執筆者紹介 Contents1 ...

3

知りたい人 相談できる業者がいない 自分で業者探しをするのは大変 本当に自分で選ぶ業者でいいのだろうか このような不安や悩みを解決してくれるのが外構の一括見積もりサイトです。 ツイッター上でも次のよう ...

-エクステリア